一長一短のネットオークション

不用品になったカメラをお金に換えるのが目的なのであれば、カメラショップや買取業者などが行っている買取サービスを利用するのではなく、ネットオークションを活用するという方法も考えられます。買取はお店を通して、販売できなければお店の在庫になるのに対して、ネットオークションならば必要な人へと直接カメラが渡るため、在庫リスクなどが無く、買取サービスよりも高い値段で売れることも多いという特徴を持っています。より高値で売りたいという方は、オークションを利用する価値はあると思われますが、しかしながらデメリットも多いため、あまりおすすめはできません。

一番大きなデメリットになるのが、取り引き相手とのトラブルについてです。微妙なキズについて指摘を受けることもありますし、ネット上の写真には無かった傷があるから返品したいなど、返品、返金のトラブルに巻き込まれるリスクがあることは覚えておく必要がありそうです。お店での買取とは違い、お客さんとお店という関係ではなく、売り手自身がお店側の立ち位置になりますので、売買には責任が伴い、面倒なことも増えてしまいます。それでも値段にこだわりたいという方はオークションを活用するのも良いですが、無難に取り引きしたいのであればお店の買取サービスを活用することをおすすめします。